ETAP ベース パッケージ

コアモジュール (ベースパッケージ)

コアツール、組込み形解析モジュール、エンジニアリングライブラリ

ETAP コアモジュール (ベースパッケージ) は、システムモデルの作成、構成、カスタマイズおよび管理することを可能にする基本的なモデル化ツール、組込み解析モジュール、およびエンジニアリングライブラリのセットです。

    Key Features

    • 自動組込み付き知的単線結線図
    • 単線結線図のテンプレート
    • 系統要素
    • データブロック
    • 系統構成マネージャー
    • プロット管理
    • レポートマネージャー
    • テーママネージャー
    • データマネージャー
    • プロジェクト & スタディウィザード
    • 多次元データベース
    • 組込み解析モジュール (ケーブル & ライン計算)
    • ベースデータの変換 & 交換
    • 複数レベルのユーザーアクセス管理
    • エンジニアリング・ライブラリ
    • 内蔵の計算機
    • 複数言語版
      コアツールで、詳細な計測機器と接地コンポーネントを含み、無制限数の母線と要素を持つ 3 相、単相交流と直流系統の単線図を迅速および容易に構築できます。エンジニアリングライブラリは、機器メーカーで発行されたデータに基づき完全な確認および検証がなされたデータを提供します。

      ETAP コアモジュールには、次のケーブル規格グループのいずれかが含まれています。
      • IEEE 399、ICEA P-54-440、NEC-NFPA 70
      • IEC 60502、IEC 60364
      コアモジュールに含まれていない他の利用可能な規格:
      • BS 7671
      • NFC 15-100

      Videos

      Literature

      White Papers