企業保護と資産管理ソリューション

リスクの軽減、精度の向上、コンプライアンスの確保

デジタル変電所でのデータの管理を成功させ、継続的に管理することは複雑なプロセスであり、データ管理、人材育成、システム統合、保守テスト、ドキュメントと変更管理ワークフローを組み合わせたオーケストレーションが必要です。

ETAP eProtect™ は、現場の保護リレーおよび ETAP 保護と協調モジュールと通信して、保護リレーおよび変電所資産のライフサイクル全体にわたって場所、情報、設定を管理する、一元化されたエンタープライズ保護資産管理ソリューションです。


  • データ品質と資産管理の向上
  • 自動処理と設定ファイルの生成
  • リレー設定変更管理
  • 保護システム保守計画
  • NERC コンプライアンス要約レポート
  • リレー設定ダッシュボードと通知
  • リレー管理のためのマルチユーザー環境
  • 保護の可視化と評価
  • 健全のモニタリングと保守
  • 高度な事故解析システムと統合
ETAP eProtect


Challenge

Concerns & Challenges 

Solutions

Solutions & Benefits

benefits

デジタル変電所への変換

何千もの保護装置、機能および変電所資産を管理

一元化された資産管理システム
eProtect ソリューションには、保護リレー、CT、VT、変電所変圧器、ステーションバッテリなど、無制限の装置をホストする広範かつ普遍的なストレージデータベースが含まれています。eProtect は、既存の ETAP デジタルツインモデルと電力系統をシームレスに接続し、電力配電系統にとって重要な変電所資産のエンタープライズビューを提供します。

 

エンジニアリングと運用に関する信頼できる唯一の情報源を実現

eProtect は ETAP デジタルツイン統一モデルを使用
デジタルツインは、電力系統、その特性、挙動、および改良を行うことができるように、様々な条件下での応答の正確な表現を可能にします。ETAP デジタルツインは、電力系統の管理と性能のモデル化、デザイン、可視化、解析、予測、制御、および供給を提供するために使用される、統合されたエンジニアリングおよびリアルタイムプラットフォームです。

 

資産管理システムを保護および協調ソリューションと統合し、リレー設定の評価と最適化を行うエンジニアを支援します。

ETAP のデザインと解析との統合
eProtect を電力系統解析、協調スタディ、自動保護、協調評価、アークフラッシュ評価、履歴イベント、リアルタイム運転データなどと組み合わせて、特定の条件に合わせて電気系統を最適化します。

 
  • リレー情報を中央の位置に保持できるようにする
  • リレー情報を自動的に取得してデータ収集を簡素化
  • 複雑な通信のない組み込みのテンプレートとマッピング
 

データ統合と変更管理

メーカーごとに異なるデータベース

ベンダーに依存しない資産管理システム
eProtect は、複数のメーカーのプラットフォームからの設定情報の直接インポートとエクスポートをサポートしています。これにより、大量の数値リレー設定をデータベースにインポートしたり、設定ファイルを生成して保護リレーにアップロードしたりできるため、手動で転記する必要がありません。

 

保護およびアーク フラッシュスタディに使用されるデータ収集に費やされた時間

設定ファイルの消費、生成、管理
設定が eProtect データベースで利用可能になると、ETAP 保護および協調解析ソフトウェアが設定のデザインと検証に使用され、デザインの開発、評価、および管理プロセスにおける生産性の向上が実現します。

 

変更管理および監査証跡

ワークフロー、アクセス制御、通知
保護設定を処理するワークフローを含むビジネスロジックは、会社固有のルールブックで設定できます。ワークフローの定義とサイズは柔軟で、ユーザーが定義できます。電子メール通知は、ワークフロー イベントによってトリガーできます。eProtect は、系統 データベースに加えられた変更を追跡し、設定、装置の変更、および位置などのリレー設定データベースを監査証跡に保存します。

 
  • リレー設定の履歴、電流、および提案された新しいバージョンをサポートするデータ リポジトリ
  • アクセスレベルと編集可能な情報および機能を備えた Web ベースの管理システム
  • マニュアル、アプリケーションガイド、計器図、デザイン計算などのドキュメントの保存
  • 組織固有のワークフローと設定プロセ
 

グリッドコード準拠

規格およびグリッド要件への準拠を確保

組み込みのコンプライアンス監査とレポート
eProtect コンプライアンス監査および管理システムは、スタディパラメータを設定、保存、および保存し、NERC PRC または他の現地規格に関連する同じスタディを将来直感的に再実行できます。色分けされたスタディ結果を表示して、是正措置が必要なコンプライアンス違反の領域を簡単に特定します。

 

運転条件下および系統障害下でのリレー性能の評価

リレー設定の確認と検証
高度な事故解析系統 - AFAS は、事故タイプを決定し、事故位置の精度を向上させ、リレー設定の徹底的な評価と検証を提供するために使用されます。AFAS の決定と ETAP 予測シミュレーションは、リレー性能、設定評価、系統全体の保護装置の運転に関する洞察を提供します。

 
  • 高度な事故解析システムと統合
  • コンプライアンスレポートを生成して印刷
  • コンプライアンス違反の領域を特定して軽減する
  • 不正な変更に対する警報


benefits

メリットと価値

  • グリッド準拠の維持
    NERC などのバルク電気系統調整器によって施行される保護リレーおよび制御 (PRC) 規格の確立と維持
  • ベンダーにとらわれない
    単一のダッシュボードで複数のベンダーからのリレー構成を管理
  • データ品質の向上
    自動処理と設定ファイル生成による転記エラーの削減
  • 効果的な変更管理
    アクセス権制御と監査レポートを使用したリレー設定変更管理


Application

特徴

  • ETAP Star、StarZ、StarAuto による検証と最適化
  • 設定のライフサイクル管理とワークフロー
  • 監査と設定の履歴
  • ユーザーアクセス管理
  • レポートと web サービス API
  • ドキュメントライブラリと管理系統モデルの管理
  • ドキュメントライブラリと管理系統モデルの管理
  • ベンダー固有のインターフェイスとマッピング
  • 双方向デバイス通信
  • マルチユーザー Web アプリケーション
  • 電力系統機器の中央および柔軟なデータ記憶構造

適用

eProtect の一元化された資産データベース管理は、ETAP モデルから活用されます。資産データを検索、共有、追跡、更新、保存できるだけでなく、全体像に対する真の洞察を提供する俊敏で柔軟なシステムを通じて、系統保護を最適化することもできます。

  • 資産運用
  • デジタル変電所
  • 資産の健全性と指数
  • 自動事故解析
  • 自動化されたデータ収集

eots


eProtect-Webinar

 

企業保護と資産管理システム

ウェビナー

保護資産は、電力系統の安全性と信頼性にとって重要です。商用電源は、保護機器の維持と管理という課題に直面しており、保護設定の監視、管理、最適化を行うさまざまなシステムに依存しています。ETAP eProtect™ ソリューションは、一元化された保護設定管理システムと自動保護および協調ツールを組み合わせることにより、保護資産のライフサイクル管理を提供します。eProtect は、装置管理、リレー設定の最適化、および企業全体にわたる変更の管理を可能にします。

 

 

Operator Training Simulator - Advanced Simulation Requirements & Solutions Benefits & Case Study

 Case Studies

Solution Introduction, Case Study Presentation & Panel Discussion

  1. The digital foundation-based approach at every stage of the project utilizing the ETAP Digital Twin platform.
  2. Integrated design and automation to digital training for the facility.
  3. Emulating and simulating the real-time plant conditions for on-site competency development and training
  4. Digital protection and power management with predictive analytics for detailed visibility and operational efficiency
  5. Safety, power quality orientation for safe and reliable operation and management
  6. Use case of large oil & gas operating companies OTS deployment
 

 

Enterprise Asset Management & Automated Fault Analysis

Solution introduction & case study presentation
 Case Studies

Remote Management of Protection Relays  - Improved Productivity & Compliance Benefits
This presentation aims to define and demonstrate the importance of the remote management of protection relays in large power system networks. A protection system is vital for network security and reliability. A centralized system should aim to get each protection relay setting, records, logic, and status quickly and efficiently so that all these data can be analyzed, managed, and utilized.
In OETC grid stations, there are more than 4000 protection relays installed.  OETC network is rapidly expanding every year. There are incidences of tripping due to various reasons. These isolated equipment restorations can be done faster if protection relays fault records, events retrieved through remote access. ETAP and OETC are jointly working on conceptualizing and implementing a fully functional system for remote relay access and data retrieval – eProtect.
This presentation discusses the technical requirements, networking solutions, cybersecurity requirements, features, testing, validating system requirements, and detailed benefits. Challenges faced during implementation will be discussed together with their resolution.



Login or sign up to schedule presentation

  • Log in
  • Sign up