ライセンスタイプ

etap commercial

コマーシャル

商用ライセンスは、各リリースに先立ち、徹底的な検証と妥当性確認が行われる。


etap validation

メリット

ETAPアドバンテージは、非原子力発電事業者に要求される可能性のある性能報告書と検証・妥当性確認(V&V)文書を追加します。このドキュメントは、ETAPがフィールドの結果、実際のシステム測定、および手計算に対して厳密にテスト、検証、および妥当性確認され、最適な技術的精度を保証していることを証明します。 ETAPの計算精度に関する詳細な例外リストへのフルアクセス、およびETAPが品質保証基準および要件に従ってV&Vプログラムを採用していることを証明するVerification & Validation Certification Letterを取得できます。さらに、各リリースにはインストールテスト手順が付属しており、社内のソフトウェア承認プロセスを支援します。


etap nuclear licensing

原子力

ETAP原子力パッケージは、オペレーションテクノロジー社の最高級製品です。米国の原子力発電所の93%以上がETAPの使用を標準化している。原子力発電所の電気系統設計には、米国連邦規則(United States Code of Federal Regulation)に準拠したツールが必要です。ETAP nuclearのお客様は、Verified & Validatedソフトウェア(有効なSMA付き)を定期的に受け取ることができます。したがって、エンジニアは最新機能と強力な機能拡張を備えた最新バージョンのETAPを使用することができます。さらにエンジニアは、NUPICの会員を含む他の施設による継続的なQA監査の恩恵を受けている。


etap educational licese

教育的

ETAPは、大学、カレッジ、教育機関向けに、最小限のコストで教育用ソフトウェアパッケージを提供しています。ETAPアカデミアプログラムは、インストラクター、大学のコンピュータラボ、および学生に、教育目的で使用するためのソフトウェアへのアクセスを提供します。詳細はこちらパワーラボアンドトレードそして学生版アンドトレードライセンス.


ライセンス比較

etap licensing options


ETAP品質保証コンプライアンス
すべてのETAP製品は、Operation Technology, Inc.品質保証プログラムプロセスを通じて開発・設計されています。QA基準への準拠は、私たちの日々の活動における品質へのコミットメントを保証するものです。さらに読む。

バリデーション認証書
ETAPがOperation Technology, Inc.の要求事項に従って検証され、妥当性が確認されたプログラムであることを示すOperation Technology, Inc.からの証明書。品質保証プログラム。

パフォーマンス報告 - 10 CFR 21
10 CFR 21報告基準に従った、情報提供、軽微な、実質的な、安全ハザード報告。

原子力認定書
ETAPが、適用される原子力規格の要求事項に従ってVerified & Validated programであることを示すOperation Technology, Inc.からの証明書。この書簡はまた、公開されたETAPの開発およびV&V活動を説明し、原子力監査に利用可能な品質記録を参照する。ETAPの検証には、すべての計算モジュール、エディタ、レポート、プロット、ライブラリデータなどの検証用に設計された何千ものテストケースが含まれています。

バリデーション・ドキュメンテーション
各リリースパッケージの一部としてETAPユーザーに提供される検証文書には、以下のものが含まれます:

ソフトウェア要求仕様書(SRS)
ETAP ソフトウェア検証およびバリデーション計画(SVVP)
ETAPソフトウェア検証レポート(SVVR)
報告されたエラー & 是正措置の概要
プログラム変更のリスト
設置テスト手順

検証テストケース
何千ものETAPテストおよび出力レポートファイルを電子形式で提供。テストケースは30年以上にわたって開発され、まとめられてきた。さらに読む。

ETAPオンサイト監査
ETAPソフトウェアの品質に関連するすべての手順と活動は、監査の対象となります。認定監査者が定期的に品質基準からの逸脱を見つけると共に既存の計画と手順の有効性を評価します。監査報告書は適切に文書化されており、当社の原子力クライアントおよびISO9001:2015認証評価によって実施された監査の対象となります。さらに読む。

核会議
ETAP Nuclear Utility Conferenceは、ETAPソフトウェアに関連する事項を共有し、原子力発電産業に関連して議論することができる討論の場を、加盟機関および代表者に提供します;さらに読む。

原子力シンポジウム
ETAP原子力事業シンポジウムの目的は、オペレーション・テクノロジー社に直接フィードバックや提案を提供することです。将来のモジュールの詳細な仕様を開発するためのR&Dグループ。このシンポジウムは、原子力産業特有の要件やニーズに焦点を当てる機会を提供する。例えば、制御システム図モジュールは、以前のシンポジウムで議論された仕様に基づいて開発された。さらに読む。