検証と確証

検証と確証のプロセス

ETAP 製品は他の品質保証規格と同様に米国連邦規制基準に準拠しています。

ETAP は、継続的な改善を成し遂げることが、強力なアイデアを強力な製品に変換する明確で効果的な品質保証プロセスが最良の手段であると信じています。

ETAP 品質保証プログラムは、すべての ETAP ソフトウェアの信頼性を保証する方針および特定の手順を厳格に施行します。

原子力の影響が大きい施設では、ETAP のすべてのリリースは、改訂ライフサイクル全体にわたって集中的な検証 & 確証 (V&V) 過程を経ます。検証は、改訂ライフサイクルライフサイクルの製品が前のフェーズで確立された要件を満たしているかどうかを決定する過程です。確証とは、ソフトウェアの要件への準拠を確実にするために、改訂ライフサイクルの終わりにソフトウェアを評価する過程です。

ETAP の V&V 法は広範囲で、各計算モジュール、ユーザーインターフェイス、持続性、レポート、プロット、ライブラリデータなどを含む数千のテストケースで構成されます。テストケースには、手計算、フィールド測定、業界標準(ANSI / IEEE、IEC、ULなど)およびその他の確立された方法に対する研究結果とシステムパフォーマンスの包括的な比較が含まれ、ETAP の技術的な正確さと性能を保証し、検証します。ETAP エンジニアリングライブラリの V&V 過程は、公開された製造元データに基づいてライブラリデータに 0% 誤差を許容します。

ETAP 品質保証 | (949) 900-1000 | qa@etap.com