Star - 動作シーケンス

動作シーケンス

保護装置の動作シーケンス

生産性を高め、時間を節約 - Star Auto-Evaluation
スター・シーケンス・オブ・オペレーション(SQOP)ビューは、シングルライン・ダイアグラムおよび正規化された時間を介して、単一のビューに対するさまざまなタイプの故障に対する保護デバイスの動作および選択性を評価、検証、および確認します。Time Current Characteristic Curve(TCC)。
Protective device sequence of operation software

シーケンス・オブ・オペレーションリレー、ヒューズ、回路ブレーカ、トリップ・デバイス、コンタクタなどの保護デバイスの正確で現実的な動作時間と状態のためのシステム全体のソリューション

動作時間は、各保護デバイスの設定、時間電流特性、指定された故障場所、タイプ及びインタロックに基づいて計算されます。

Star - 操作シーケンスの主な機能

  • グラフィカルに1つの線図上に障害をドラッグ&ドロップする
  • 単線図による調整
  • デバイス操作シーケンスをグラフィカルに表示
  • デバイス障害およびバックアップ操作
  • 詳細なリレー動作(27、49、50、51、51V、59、67、79、87)
  • 現在の総和
  • 正規化された(シフトされた)時間電流特性曲線
  • フェーズ&地絡(対称&非対称)
  • 単線図による保護装置の点滅
  • イベントビューアのシーケンス
Sequence-of-Operation Module

Star - 動作シーケンス機能

  • 保護装置の動作時間と状態を評価する
  • フェーズ&地絡の挿入
  • 単線図に障害電流を表示する
  • システム全体の調整を説明する
  • イベントビューアを使用して作業時間を表にする
  • 障害の現在の貢献度を自動的に計算して表示する
  • 保護装置操作のグラフィカルアニメーション
  • ポスト・フォールト・アクションおよび関連する稼働時間を、表形式のイベント・ビューアを介してグローバルに表示
  • カスタマイズ可能なレポート

正規化時間電流特性曲線

  • 標準化された/シフトされたTCCモードは、シーケンスTCCビューの解析機能であり、シーケンス演算の計算に基づいています。
  • この解析モードでは、保護デバイスの動作時間を、対応する設定および指定されたフォルトの場所とタイプの特性に基づいてグラフィカルに表示します。
  • 正規化されたTCCモードは、与えられた故障に対して、保護デバイスの時間電流特性曲線を互いに関連づけてグラフィカルに表示します。
Shifted Time Current Curves

イベントビューアのシーケンス

保護装置の動作シーケンスは、自動的に計算され、イベントビューアに一覧表示されます。イベントビューアは、1行の図と動的にリンクされています。このワンステップコンセプトでは、インテリジェントな1ライン線図を使用して、すべての保護デバイスの動作を決定する一連のアクションを実行します。各時間電流特性曲線の内部シフト(正規化)は、個々の故障寄与度に基づいています。

Videos

Literature

White Papers