IEEE 399 規格

IEEE 399

IEEE 399 規格

IEEE 399 規格は、地中埋設 (U/G) ケーブルに適用されます。

ケーブル径路布設

ETAPの地下ケーブル用の高性能ampacityソフトウェアは、以下のインストールタイプを提供します:
  • 地中直埋
  • 地中のダクト
Duct Bank Cable InstallationUnderground Directly Buried Raceway

温度補正

周囲温度と導体温度に基づいて低減された電流容量を計算します。

  • 基底周囲温度
  • 基底導体温度
  • 動作周囲温度
  • 動作導体温度

グループ化係数

グループとして布設されたケーブルは、単独で布設されたケーブルよりも高い温度で運転します。許容電流を減少させるためのケーブルのグループ化補正係数を決定するために、ダクトバンクの行と列の数を指定します。ETAPの能力評価ソフトウェアには、以下のグループ化オプションがあります。

  • 行の数
  • 列の数

許容可能な容量に関する警報

ETAPは過負荷などの重大な状況が発生した場合に警報を発し、ケーブルを劣化させて寿命を短くする可能性があります。警報は次のオプションに基づいて設定できます。

  • 計算された低減電流値に基づいて
  • ユーザー定義値
  • 地中軌道システムモジュールの熱解析結果に基づいて

土壌抵抗補正

ケーブルの電流容量に影響を与える重要なパラメータの1つは、土壌の抵抗率です。ケーブルの電流容量の計算機は、土壌の抵抗率を定義することができます。

Videos

Literature

White Papers