高調波周波数スキャンソフトウェア

高調波周波数スキャン

高調波周波数スキャン解析

ETAP高調波周波数スキャンモジュールは、ユーザによって指定された周波数範囲にわたるバス駆動点インピーダンスの大きさおよび位相角を計算し、プロットする。
Harmonic-Frequency-Scan-Z-Plot
これにより、任意の並列共振条件設定が可能となり、その共振周波数を明確に識別することができます。このスタディでは、ユーザは高調波フィルタパラメータを調整して最終結果をテストすることもできます。ユーザーのニーズに応じて高くすることができます。

高調波周波数スキャンスタディの結果は、システム入力データとバス駆動点インピーダンス集計表を含むレポートで報告されます。同じ表形式の情報も、単線系統図上だけでなく、プロット形式でも表示されます。
 

 

高調波周波数スキャンソフトウェアの主な機能と機能

  • ユーザ定義可能な周波数範囲
  • 共振条件を特定する
  • ユーザーがカスタマイズ可能なプロット
  • 高調波負荷フローと基本負荷フローの同一システムおよびコンポーネントモデリング機能
  • 回転機械インピーダンスの周波数依存性のモデル化
  • ケーブル/ラインおよび変圧器インピーダンスの非線形性と周波数依存のモデリング
  • 他の電力システムコンポーネントと負荷の周波数依存のモデリング
  • トランス位相シフトを考慮する
  • 機械および変圧器の巻線接続および接地タイプを考慮する
  • 異なるタイプの内蔵高調波フィルタ
  • 異なる基準に基づく自動高調波フィルタサイジング
  • ユーザ定義の高調波周波数スキャン範囲とステップ
  • スタディ結果の単線系統図での表示
  • 選択された周波数でのバス駆動点のインピーダンスの大きさと位相角を表示するスライダバー
  • 表示および印刷のためのバス駆動点インピーダンスのオーム単位のグラフィックプロット
  • 表示および印刷のためのバス駆動点インピーダンス位相角のグラフィックプロット
  • 入力データのテキストレポート、基本的な負荷フローの結果、表形式のバス駆動ポイントのインピーダンスの大きさと位相角
  • 共振周波数と大きさを報告する
Harmonic Frequency Scan Analysis

impedanceplot2impedanceplot

Videos

Literature

White Papers