直流短絡電流ソフトウェア

直流短絡電流

直流短絡電流解析

ETAP 直流短絡解析ソフトウェアが故障状況を評価し、直流保護システムを評価します。直流(DC)システムの安全を確認するために、直流短絡解析は、故障条件下で実施し、保護装置の定格を評価する必要があります。

直流短絡の主な機能

  • IEEE規格946
  • 統合された交流・直流系統
  • 全バスおよび分岐寄与の故障電流
  • 故障電流の立ち上がり時間
  • IEEE / IEC規格に準拠したバッテリ&充電器のモデリング
DC Short Circuit analysis with results printed on a one-line diagram

直流短絡機能

  • 保護装置の評価を分析する
  • 総故障電流を計算する
  • 異なる電源からの寄与を計算する
  • 事故電流の減衰率を計算する
  • マージンとオーバーストレスのデバイスに自動的にフラグを設定する

完全な短絡回路の計算では、故障の発生からその終わりまでの分岐に寄与するだけでなく、故障の場所での故障電流の変化の詳細を提供する必要があります。装置の電源挙動および非線形特性に伴う複雑さのために、そのような計算は非常に広範囲であり、したがって保護装置定格の検査のために最大短絡電流が計算されることが多い。

Videos

Literature

White Papers