Cable Transient Thermal Software

ケーブル過渡温度の計算

簡単な説明
この過渡温度計算ソフトウェアにより、負荷変動に応じてケーブルの温度変化が時間の関数として得られます。この強力なケーブル熱解析アプリケーションを使用すると、以下に基づいて過渡温度を計算することができます。

  • 時間
  • 日々
Cable Ampacity Transient Thermal Analysis

熱容量

過渡的な温度計算は、負荷の変化に応じてケーブルの温度変化を時間の関数として表します。ほとんどの場合、ケーブルの短時間の最大許容温度は、定常状態の温度限界よりもかなり高くなります。短期間の温度計算を使用して、ケーブルのピーク温度とその持続時間を決定し、その短時間最大許容温度と比較して、軌道システムをより経済的に設計することができます。

過渡温度の計算は、主に熱抵抗、熱容量、熱源から構成された軌道システムの動的熱モデルに基づいています。熱抵抗は、ケーブル導体から周囲の土壌までの異なる熱層を表すために使用されます。熱容量は、各層が熱を吸収する能力を表すために使用される。ケーブルの負荷を変更すると、導体の損失によって発生する熱もそれに応じて変化し、結果としてケーブル導体から周囲の土まで放散される熱流量が変化します。その結果、ケーブル導体の温度は、回路の抵抗値と容量値に依存する温度変化の割合で負荷変動パターンに追従するように変化します。