アークフラッシュ自動評価

自動アークフラッシュエネルギー評価

保護協調スタディを実行する場合、アークと完全事故電流との違いにより、潜在的なアークフラッシュ協調の問題を予測することは困難です。アークフラッシュオートソリューションは、アークフラッシュの入射エネルギーと機器のアークフラッシュの損傷ポイントを自動的に評価し、これらの競合を迅速に解決し、必要なシナリオの数を制限したり、隔離されたアークフラッシュのスタディの必要性を排除したりします。

自動アークフラッシュ評価

  • 複数の動作条件と現在の変動に基づくリスク分析
  • 自動アークフラッシュエネルギー評価
    • 一定エネルギー境界面積(C-面積プロット)-特許出願中
    • アークエネルギー損傷ポイント–耐アーク開閉装置(IEEE C37.20.7)
  • 自動的にライン、バスおよび負荷側の欠陥を評価して下さい
  • 警告と警告を含む表形式とグラフィカルな評価
  • Arc Flash評価ルールブック
  • 個別及びグローバルデータ評価基準
Arc Flash Auto-Evaluation Capabilities

アークフラッシュ自動評価

  • グラフィックインタラクティ結果ビューア
  • 位置ごとのTCCの変化の視覚表現
  • Tccにおける入射エネルギー面積プロットのグラフ表示
  • データブロックを使用したOLVでのC面プロット入力データ表示
  • 特別な条件のための全体的なフィルター-新しいIEEE1584-2018 2kA、240V規則
  • 自動的に評価のための最高及び最低の短絡の流れを更新して下さい
  • 装置の分離及び過電流回線保護装置の許容のための記述
  • ユーザー定義の変動制限
  • 評価結果をMS Excelレポートにエクスポート
Automated Arc Flash Evaluation

時間電流曲線における入射エネルギー可視化(TCC)

定数エネルギー境界面積プロット

IEEE1584 2018モデルに基づくETAP定数エネルギー境界領域(C-area plots)は、調整段階でのアークフラッシュの結果を緩和することができる。このグラフィカルな表現を提供a参照の境界に基づくユーザー定義の入射エネルギーを制限します。それは保護エンジニアがアークフラッシュが電気機器の内で起こることができる方法で多数の作動条件そして確率的変化を考慮することを可能 。

入射エネルギー可視化機能

  • 位置ごとの一定した入射エネルギー設計レベル
  • アーク電流の変動
  • 複数の電極構成
  • システム動作モードに基づく変動:
    • バス電圧
    • 最高および最低の将来の短絡の流れ
  • 装置の変化:
    • 導体間のギャップ
    • 高さ
    • 深さ
    • 作動距離
  • 機器タイプと電圧に基づくグローバルサンプルデータの更新。
  • 位置(バス、ライン側面および負荷側面)ごとの個々のデータ-セット。
  • クイックコピー/ペーストサンプルデータ
  • ユーザー定義の変動制限
  • 位置ごとのTCCの変化の視覚表現
  • Tccにおける入射エネルギー面積プロットのグラフ表示
  • パネル、UPS、位相アダプタの下の単相アークフラッシュ用のC領域プロット
  • データブロックを使用したOLVでのC面プロット入力データ表示
C-Area Plot