ケーブル布設ソフトウェア

ケーブル布設

ケーブル布設解析

ケーブル布設解析は、サイズの異なる複数のケーブルを考慮に入れ、複雑な3D引っ張り経路ジオメトリを可能にします。
Cable Pulling Analysis
ケーブル布設張力の正確な予測は、ケーブルシステムの適切な設計に不可欠です。この知識は、建設中に大幅な資本節約を達成するために、過小評価および/または控えめな設計慣行を避けることを可能にする。

コンジットの曲げと引っ張り点ごとにポイントごとの計算方法が実行されます。プルの好ましい方向を決定するために、順方向引っ張り。

ケーブル布設ソフトウェアの主な機能

  • 単一線図ケーブルと統合
  • 地中布設ケーブルと一体化
  • 複数のケーブルを牽引
  • ケーブル牽引 の許可
  • 完全なETAPケーブルライブラリ統合
  • 3Dプルリングパスの表示
Cable Pulling Systems interface

ケーブル牽引ソフトウェア機能

  • 順方向および逆方向の引っ張り張力を計算する
  • すべての曲げポイントで引っ張り張力を計算する
  • 側壁圧力によって制限される最大張力を計算する
  • 最大許容引っ張り張力を計算する
  • セグメントの傾きがゼロでないこと、および水平ベンド(非プレーナセグメント)を許可する
  • 導管占積率を計算する
  • 実行(プル)の合計長を計算する
  • 計算された引っ張り張力に対する最大張力限界を比較する
  • 導管ジャムの可能性を評価する
  • リールから引き出されたケーブルに相当する張力を考慮する
  • ケーブル重量と外径に対する公差を提供する
  • 複数のケーブルの許容張力を計算するための削減係数を提供する
  • クレードル付きおよび三角ケーブル構成
  • 要約と警告ウィンドウ
  • 基礎的なケーブル引っ張り試験結果
  • ケーブルの張力が限界を超える
  • コンジットの塗りつぶし率の上限を設定する
  • 非準拠のNECコード要件のフラグ
  • ケーブル布設解析結果のグラフ表示
  • サイドウォールのテンション、違反フラグを含むフォワードとリバースプルを報告する
  • セグメントと曲げプロットを示す模式図のプル
  • 導管およびケーブルプロットを示す導管断面

Videos

Literature

Cable Pulling

Cable Pulling

White Papers